ラブバム

〜 Love's photographic records 〜

2016年11月3日 間内駅。

 犬連れで電車に関するお出かけをするコ鉄編、第16弾は愛知県春日井市にある名鉄の間内(まない)駅から。

 無人駅ながら相対式ホームを有しているのは地下鉄の上飯田連絡線の開業に合わせ、この駅に車両基地を建設する予定があったから。

 想定したものより利用客が少なかったため、その話はナシになり現在は資材置き場となっており、像も立ってます(天下布武編5参照)。

 息子は地元では走っていないピンクラインの名鉄電車に大興奮でしたよ♪
2016年11月12日 飯沼駅。

 お次は岐阜県中津川市にある明知鉄道の飯沼駅で、こちらも無人駅なんですが、日本一急勾配にある駅なんです!

 飯沼駅は1,000m進むと33m上がる勾配33‰(パーミル)で、ちなみに2番目の勾配も同じ明知鉄道の野志駅の30‰。

 勾配が5‰以上の駅を作るには、特別な許可が必要で、それをはるかに超える33‰の駅は前代未聞!

 パっと見だとわかりにくいかもしれませんが、駅の屋根を水平基準にして見てみると、一目瞭然、けっこうな傾斜で感動しちゃいました♪
2016年11月13日 賢島駅。

 飯沼駅の翌日は三重県、近鉄志摩線の終着駅、賢島(かしこじま)駅。

 賢島は観光地で特急車両の車内サービスなどでワゴンを出し入れするなど物の移動も考慮されており、プラットホームからバスやタクシーのりばまでほとんど段差がなく、開放感が出るよう駅を囲う壁も透明。

 ってことは体高が低いワンコが撮影するにももってこいで、しかも、しかもここにやってくる列車は特別な観光列車!

 愛知県ではなかなかお目にかかれない、しまかぜと伊勢志摩ライナーの色が違う2台が3つ並ぶことなど盆と正月とクリスマスが一緒にきたみたいな喜びようでニッカニカでした!
2016年11月19日 内海駅。

 最後は名鉄の内海(うつみ)駅。知多半島を縦断する名鉄知多新線の終着駅。

 参加するオフ会の開始時間が遅くなったので、それならばとやってきたのが入り口にイルカのオブジェが設置してあるこの駅。

 実はラブさんこの駅2度目で、5年前、嫁さんと自宅から電車に乗って同オフ会に参加したんです(私は不参加)!

 しっかり息子に姉ちゃんと母ちゃんの偉業を伝え、ここで売っている名物和菓子『波まくら』を購入して会場へ向かいました。

BACK

NEXT

inserted by FC2 system